姿勢分析

姿勢分析をすることで、慢性的な痛みの根本的な原因を推測することができます。レーザーを照射することで、重心線などの姿勢を分析していきます。

【対象になる方】
慢性的な首肩こり、慢性的な腰痛、坐骨神経痛、しびれ等

▼ 立位側面

おなか及び骨盤が前へ移動し、反り返ったペンギンのような姿勢をしています。前屈姿勢では指が床まで随分離れてしまっています。骨盤が前に倒れていません、つまり太ももの後ろの筋肉(ハムストリング)が短くなってしまっています。
この不良姿勢のタイプを Sway Back (スウェイバック)といいます。

股関節の運動制限が引き起こされやすいので、腰痛になりやすいことが写真を見ただけでわかるのです。どこが硬く、どこが柔らかいか、どのような体の使い方のクセがあるのか詳細に分析し、痛みの根本解決になる体の使い方、よい姿勢のアドバイスをさせて頂きます。

【姿勢分析:1,500円~3,000円】

▼ 立位背面

▼ 前屈

姿勢分析ビフォーアフター

【第一回目】

▲治療前/床から指まで14cm

▲治療前/床から指まで14cm

▲治療後/8cmまで近づきました

▲治療後/8cmまで近づきました

このかたは腰椎の動きに癖がありました。腰椎がうまく前へ動けないので(屈曲制限)その場所がきちんと曲がれるように調整しました。治療後、腰椎が曲がっているのが見て分かります。

【第ニ回目】

治療前は14cmだったものが、二回目の治療では5cmにまで近づきました。

【姿勢分析:1,500円~3,000円】